生理予定日に体温が下がる理由とは?


女性の中で、基礎体温を測定している方は結構います。基礎体温を測定していると、生理予定日を把握することが出来るので、妊娠を望んでいる方の1つの目安になります。生理予定日には、基礎体温が一気に下がってしまうことがあります。

そこで、生理予定日に体温が下がる理由とは?について紹介します。

生理予定日に体温はなぜ下がるの?

基礎体温を毎日測定していると、高温期と低温期が明確になります。
生理予定日は、プロゲステロンが分泌されていないので、体温が下がります。

排卵期に入ると、プロゲステロンが分泌されて、体温は上がっていきます。基礎体温が上がるのは、受精卵が着床しやすいようにするためです。また、子宮内膜を維持する働きもしてくれます。このように、ホルモンの関係で、生理予定日に体温が下がります。

生理予定日に体温が下がるのは妊娠の可能性があるの?

妊娠すると、基礎体温は高温期が持続します。その為、基礎体温を測定していると、妊娠に気づくことがあります。高温期が持続していると、妊娠に気づいて妊娠検査薬を測定します。だが、卵子が子宮内膜に着床する時期に、一時的に低温期になることもあるのです。

意外に知られていなくて、低温期になるため、妊娠していなかったと思われる妊婦の方もいます。女性によって、身体のホルモンバランスの変化は異なってきます。

妊娠しているが、ホルモンバランスが変化することで、生理予定日に体温が下がり、また高温期になることがあります。このことを知っていると、生理予定日に低温期に入っても、その後の基礎体温を測定るする必要であることを実感することが出来ます。

ホルモンの働きについて

女性は、きちんとホルモンが働いていないと妊娠することが出来ません。

その為、女性ホルモンには、どのような働きがあるのかを把握しておくことがとても大切になってきます。妊娠するには、エストロゲンとプロゲステロンのホルモンが関係してきます。それぞれのホルモンについて説明を行います。
エストロゲン…エストロゲンは、妊娠をするのに、必要になってくるホルモンです。

子宮内膜を厚くする働きがあります。その働きを行っているときは、基礎体温を下げています。基礎体温で、低温期のときは、妊娠する準備を行っていると考えると良いです。また、自律神経や脳にも、働きかけを行うホルモンです。

プロゲステロン…プロゲステロンのホルモンが働いているときは、受精卵が子宮内膜に着床しやすくしてくれます。そのときに、受精することで、妊娠が成立することになります。基礎体温は、高温期になるので、基礎体温は上がってきます。

女性ホルモンが正常に働いていることで、基礎体温の高温期と低温期に分かれます。

それぞれホルモンの働きをを把握していると、理解しやすいです。妊娠すると、高温期が持続すると思っているのですが、実際には低温期になる場合もあります。自分の基礎体温を知ることで、妊娠しやすくなるので、妊娠を望んでいる場合は、基礎体温を付けて下さいね。