妊娠後期に葉酸って必要?

妊娠初期は、お腹の赤ちゃんに障害などが起きないような環境作りが大切になってきます。それには、葉酸の摂取が必要です。でも、葉酸の摂取が必要なのは、妊娠初期だけだと思ってる妊婦の方は多いですが、実は妊娠後期にもとても必要になってくるのです。

そこで、妊娠後期に葉酸って必要?について説明します。

妊娠後期も葉酸は必要って本当?

妊娠初期に葉酸が必要な理由は、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、お腹の赤ちゃんが神経管閉鎖障害の発症してしまう恐れがあるからです。だが、妊娠中期~妊娠後期にも、葉酸の摂取は大切になってきます。なぜなら、妊娠中期~妊娠後期は、妊婦の半分以上の方が貧血になりやすいと言われているからです。

血液を通して、お腹の赤ちゃんに酸素や栄養を送るにの、多くの血液が必要になってきますよね。妊娠中期~妊娠後期の時期は、胎児も大きく成長しているので、多くの酸素や栄養が必要になってきます。

そのため、妊娠中期~妊娠後期にも葉酸の摂取は必要になってきます。葉酸は、血液循環の働きを良くする効果があるので、貧血予防にもとても効果的です。また、免疫機能や消化機能の向上にも、葉酸はとても効果的です。特に妊娠後期は、消化不良が起きやすので、葉酸をきちんと摂取していると、予防することが出来ますよ。

1日にどのくらいの葉酸の摂取が必要なの?

実際に、葉酸が必要と言われても、1日にどのくらいの葉酸の摂取を行ったら良いのか分からないです。葉酸は、妊娠していない方で、1日に240㎍の葉酸が必要で、妊娠している方は、その倍の葉酸が必要です。

葉酸は、緑の野菜に多く含まれていますが、1日にたくさんの野菜を食べることはなかなか難しいですよね。でも、葉酸が多く含まれている野菜も多くあるので、意識して食べてみると、葉酸を摂取しやすいです。

枝豆 100g 320㎍
ホウレンソウ 100g 210㎍
大豆 100g 230㎍
納豆 100g 120㎍、と食材によって葉酸の量は異なってくるので、多く含まれている食品を摂取するようにしてみて下さい。食事だけで摂取するのが難しい場合は、葉酸サプリメントがおすすめです。

今では、産婦人科でも販売されていることが多いので、産婦人科で簡単に購入することが出来ますよ。

妊娠後期の葉酸の摂取方法について

葉酸を摂取しないといけないと思って、1度に多くの葉酸を摂取してしまう場合もあります。だが、1度にたくさん摂取することができなくて、必要な分以外は尿として、体内から出てしまいます。

その為、毎日3食バランスの良い食事を食べるように心掛けることが必要なのです。

また、調理を行うときにも注意しなければいけないことがあります。葉酸は、水に溶けだしてしまうので、長く茹でたりしてしまうと、葉酸の効果が無くなってしうのです。

調理するときは、水なしで蒸せたりしてするのがおすすめです。また、多くの野菜をミキサーにかけて、スムージーにしてみると、多くの野菜を摂取することが出来るのでおすすめです。

葉酸は、多くの効果があるので、妊娠後期にも必要になってきます。

野菜だけで摂取するのが難しい場合は、葉酸サプリメントの摂取がおすすめです。また、葉酸は1度にたくさん摂取しても、尿として排出されてしまうので、1日3食バランスの良い食事に心がけて、葉酸をしっかり摂取して下さい。