不妊の原因ごとの主な治療法

特に原因がなく不妊の場合

今のところ、特に目立った原因は見当たらない状態です。女性の年齢が35歳以下で特に問題がない場合は、排卵日にセックスしても自然妊娠する確率は20〜30%と言われています。そのため、基礎体温をつけて、排卵日を確認しながら、このまま様子を見ます。

その後、半年くらい経っても妊娠の兆候が見えない場合には、タイミング法または人工授精を行います。

最初に検査したクリニックが一般的な婦人科での検査だった場合は、不妊治療専門のクリニックで、より詳細な検査を受けた方が良いです。

セックスレスで不妊の場合

自然妊娠で子供を授かるには、定期的なセックスが必要です。排卵日の時だけセックスしても妊娠には至らないことが多いです。

仕事の忙しさやストレス、生活リズムが合わないなど、セックスレスにあんる原因は様々だと思いますが、まずは夫婦で話しあい、セックスを楽しめる環境を整えましょう!

また性交痛があったり、どうしてもセックスする気になれなかったりする場合は専門科に相談しましょう。

排卵障害で不妊の場合

排卵に問題があり、妊娠しにくくなっている可能性があります。ひとくちに排卵障害と言っても、原因は様々です。主な原因に次のような疾患があります。

多のう胞性卵巣症候群

原始卵胞がうまく成熟せず、排卵が起こらない状態のこと。
治療には排卵誘発剤を使って卵胞を成熟させ、排卵を促す方法や、インスリン値の改善などの治療が必要になります。

手術により治療法もありますが、最近では後遺症も多いことから実施は見直されつつあります。排卵障害全体の約30%の原因とされ、該当が比較的に多い症状です。

黄体機能不全

黄体からエストロゲンとプロゲステロンの分泌不全が原因です。

卵巣機能の低下をもたらし、排卵障害のほか、着床障害をもたらすこともあります。
治療には、ホルモン剤を経口投与し、必要に応じてホルモン注射治療を行います。
排卵障害全体の約30%が黄体機能不全が原因とされています。

視床下部・下垂体性排卵障害

脳から分泌されるGnRHや、排卵を促す卵胞の発育の必要なホルモンが正常に分泌されない状態。
ダイエットなどの急激な体重減少が原因となって起こる頃が多いとされています。